交通事故と買取。

私の経験ですが、交通事故をこれまでに何度も経験しています。事故によって車が動かなくなってしまった際には、レッカーを頼んで事故をした車の引き取りをお願いします。そして、わずかな買取額にはなりますが、近くにある車買取業者に売却します。

廃車処分をするとしても意外と、お金が必要ですから、事故車でも買い取ってくれる業者には感謝しています。トラックで人気な色といえば、ホワイトが常に人気です。

ところが、トラック以外で言えばホワイト・ブラック・グレー系が査定額が高い人気色です。良く買われている色、つまり「定番色」が買取の現場でも有利という訳です。また、同じ色でもパール系やメタリック系のカラーはそれ以外のソリッドカラーよりも査定結果が良くなる傾向があります。メーカー純正の限定色などは、プレミアとして査定額が上がることもあります。ずっと乗用していた車を買取業者に引渡してしまったら、次の車が手元に来るまでに車がない期間が長くなることも予想されます。代車を貸してくれる買取業者も増えています。

査定の際に手続きしておけば代車を準備する手はずを整えてくれることもあります。

その他にも、新車のディーラーで代車を出すところも多くあるので相談してみましょう。車の売却査定時には冬タイヤ装着の有無はプラス査定にはならないようです。

それならいっそ、個人売買やタイヤ専門店で買い取ってもらうほうが利益があるだけマシということになります。
しかし比較的雪が深い地域ではスタッドレスは不可欠なので、他の地域と違って買取額に反映されることもあるかもしれません。

タイヤの状態によっては、交渉してみると良いでしょう。傷の入った車を買取に出す場合、普通、査定額は下がると思ってよいでしょう。ですが、だからと言ってその傷を修復して買取に出したところで、それほど良いことはありません。ちゃんとした店で修復してもらっても修理費用の方が高くつくくらいですし、まして素人の手で修復しようものならむしろ査定が下がることもあるので注意しましょう。何とかカバーしようと考えるのではなく、現状をそのまま見てもらうのが結局一番良いでしょう。当然のことですが、人気が高く、需要のある車種は買取業者に査定をお願いしても、高値を付けてもらえます。具体的に言うと、ホンダのN−BOXやトヨタのプリウス、日産のセレナといった車種は人気が高い車種と言えます。しかし、購入当時には人気の高いクルマでも、査定の段階で人気が下がっていたとしたら、むしろ低い買取額を提示されてしまう事があるようです。

かなり使用感のある車であっても、中古車の専門業者に買取を頼めば、思った以上に高値が付くこともありえます。例えば中古でも生産台数が少ない車であれば、コレクションの対象としての価値が加わってきます。

案外、マイナーな車でも人気車種とされることがあるわけです。少しでも納得いく金額で売りに出したいなら一社だけではなく複数社から査定を受けましょう。
それに、自分の車の買取相場をネットで検索しておくというのもいいですね。
車を買取に出したいけども中古車屋さんに行く時間がないという方は、自分から出かけなくてもいい出張査定がお勧めです。

出張査定には手数料や費用がいくらかかるか心配する方もいるかと思いますが、無料で来てくれるという業者が多いようです。出張査定の日程などを決める場合、業者のサイトで24時間受付可能なことが多いですし、中古車買取業者の中でも大手であればフリーダイヤルで予約を済ませることができます。

自家用車の買取サービスには、離島等でもない限り手数料はかかりません。あえて必要な経費といえば、車の名義変更手数料でしょう。通常は売主ではなく買主側で手続きしますので、その代行手数料を払います。なかには代行手数料無料という会社もありますが、有料の場合は買取価格から天引きしてくれる会社が多く、契約書を交わしたあとに別途支払うこともあります。定価はありませんが、ここで利益を出そうという業者はいないので安心してください。
それと、あまり大きな額ではありませんが、売却時には所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、印紙代として数百円ほど必要になります。車の買取に関する疑問では、所有者本人以外でも売れるのか?というのがしばしばあります。妻や子からの相談が圧倒的に多いのは、名義人を変えなくても車は乗れるという現状をよく現していると思います。

実際には、名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、名義人以外の方でも売却できます。

譲渡証明書や売却証明書は業者がテンプレを持っていますが、ダウンロードもできます。自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。借入金を完済して名義を変更すれば売却できます。もし返済があと少しでも、営業担当者ならおそらく同じことを言うと思います。

そういった意味でも廃車買取業者はありがたいですね。どんな車でも買い取ってくれるのでホント助かりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA